東中野・紹介制の名店「美輪」厳選素材の日本料理店実食レポート

東中野 美輪

東中野の日本料理店、美輪(みわ)についてご紹介します。予約はどうすればいいのか、どのようなメニューが提供されているのか、利用料金の目安や紹介制のお店と言うことに関してもお伝えします。

目次

素材にこだわった絶品料理を頂ける完全紹介制のお店

美輪(みわ)は、東中野にある日本料理、和食のお店です。JR東中野駅東口改札を出た後、北側(改札を出て左側)の階段を下り、テクニカルカレッジという専門学校まで進み、専門学校手前の左に曲がる細い道を行った先に美輪はあります

お店の場所(アクセス)

東中野駅の西口・東口のいずれからもおよそ徒歩で2,3分ほどで到着できる場所にありますが、こちらは東口改札を出て左側にある階段を降りたところ。

進んでいくとテクニカルカレッジ(専門学校)あるので、そのわき道を入っていきます。大きな通り沿いにあるわけではなく、一本入った道の先にポツンと店を構えているため少しわかりづらいかもしれません。

一見さんはお断り


日曜・祝日が定休日で、18時から23時までの営業ですが、紹介制のお店ですので初めて行く際は、一度足を運んだ方に連れて行ってもらう必要があります。東中野に住んでいたり働いていたり、東中野の飲食店に通っていれば美輪のことを知っている人に巡り合えるかもしれませんが、なかなかハードルは高いでしょう。

店内は、1階にカウンターが8席ほどあり、2階には10名以上の団体でも入れる座敷がありますが基本的には1階での利用となっています。カウンターの前にはお惣菜などの料理が並んでおり、食べたいものを選ぶとその都度取り分けてくれます。

気の良い大将と近い距離で楽しい話を聞きながらおいしい料理を頂ける素晴らしい空間。一見お断りのお店のため常連さんが多く、変なお客さんがいないのも美輪の魅力の1つでしょう。海外から美輪の噂を聞きつけ訪れるお客さんもいるんだとか。

大将いわく、過去に食い逃げをしたりする客がいたため一見さんはお断りにしたんだそう。席数が少ないこともあり、ふらっと立ち寄って入れるかはわからないため、行く際には予約してからいくようになります

一度でも利用すれば、大将によほど嫌われない限りお店の名刺をいただけます。こちらの名刺さえゲットしていれば、すでに訪れたことがある証となるため、次回の来店の際に提示すると良いでしょう。

電話で予約する際は、連れて行ってくれた人の名前を伝えるか、前回行ったときにこのようなお話をしました、などと一言伝えれば予約がしやすいかと思います。

メニュー

美輪のメニューは、旬の野菜や魚介を使っており、素材も厳選されているので仕入れによって日々内容が変わるという内容になっています。

よってメニュー表などはなく、カウンターに並んだ大皿から1品ずつ選ぶか、大将に尋ねるかといった具合です。

ハバネロめかぶや、海老とたまねぎのサラダ、イカのワタ煮、タコのから揚げや魚介と鶏のフライ、アワビステーキと天然もののみで提供されるお刺身、えびしんじょう、イカ団子、お店名物のガーリックライスなど、行くたびにどのメニューにしようか迷ってしまうような多種多様な内容の料理が出されます。

お酒の種類も日本酒をはじめ、焼酎・ビール・各種サワーなどあり、ボトルキープもあるので初めて行く際は、ボトルキープをして名前を憶えてもらうこともありかもしれません。

メニューは時価ですが、お会計の際の金額を伝えられた時にはこんなに安くしてもらっていいのかと言う値段に驚くことでしょう

感想

今回、美輪で注文したメニューは

  • 海老と玉ねぎのサラダ
  • イカのワタ煮
  • 鶏とホタテ、海老のフライ
  • 刺身盛り合わせ
  • アワビステーキ
  • ガーリックライス

などなどです。

東中野 美輪

海老と玉ねぎのサラダは、さっぱりとしていて、素材の美味しさを食べる人に感じてもらえるように最低限の味付けになっています。美輪の料理全般に言えることかもしれませんが、素材本来の味を楽しんでもらえるような料理になっています。

東中野 美輪

イカのワタ煮は、弾力のあるスルメイカの歯ごたえとワタのうまみが感じられてお酒に特に合う一品です。濃厚だけれど味付けがくどくないのですっきりと味わえます。

東中野 美輪

フライには特製のソースが用意されていて、よだれ鶏にかける風合いに似ていました。ホタテ・エビのフライ共に美味しいのですが特に驚いたのは鶏のフライで、通常なら火を入れすぎて肉が硬くなったりぱさぱさしてしまうところ、フライにしてもジューシーな食感と味が感じられて絶品。

店主さんが「養殖は使わない」と教えてくれた天然の刺身の盛り合わせは、マグロ・タイ・ボタン海老ともに活きが良くおろしたてのワサビと共に頂くと、高級旅館の夕食を食べている気分で食の席が盛り上がりました。

東中野 美輪

アワビステーキは肝の部分と身の部分両方楽しめ、弾力のあるアワビを肝から取った特製のソースで頂けます。この一皿だけでも違うお店なら相当な価格がするところを美輪ならリーズナブルに頂戴することができます。

美輪に来た人のほとんどの方が食べられるガーリックライスは、まさにパラパラに炒められていて、金ゴマの食感とご飯が合わさって、これまで食べたことのない美味しいものを頂いていると感じる一品です。

東中野 美輪

和食のお店でガーリックライス?と食べてみるまでは他に名物になるような美味しい食事が多いだろうと思うかもしれませんが、ガーリックライスは名物の名がぴったりの必ず食べたほうがいい一品です。

おすすめの料理

お刺身の盛り合わせ。ネタが旨いのは当然ですが、ワサビも美味しいんです。

こちらは鶏肉のガーリックステーキ。とても香ばしく食べ応えのある一品です。

鮪(マグロ)の赤身とトロ。鮪(マグロ)の赤身とトロ。やっぱり美輪さんの刺身は旨い。

こちらはぷっくらとしたアジ一尾まるまる使った刺身。とても贅沢です。

こちらは四国産のトマトでブドウのようなフルーティーな味わい。こんな美味しいトマトを食べたのははじめてというくらいインパクトがありました。

銀鱈(ギンダラ)の西京焼き。

そこそこ良い割烹のお店などにも行く機会がありますが、それらのお店よりも美輪の西京焼きが一番に感じます。

厚揚げやガーリックのあんかけ。

巻貝。ようじで中身をほじくりだしていただきます。最高のつまみです。

揚げ茄子。一見地味ですが、見た目を裏切る美味しさです。こんなにサクサクした揚げ茄子ははじめてです。

タコの頭の串焼き。塩コショウでパンチ効いた味付けです。レモンをかけると酸味が加わり一層うま味が増します。

自家製の鮭とば。うますぎてずっと食べてしまうやつですね。抜け出せなくなります。

テイクアウトもできる

ガーリックライスは食べきれなければタッパーにいれてもらい、持ち帰ることも可能です。むしろ、テイクアウト用に注文したりもできます。

テイクアウトしたガーリックライスは、すぐに食べなくても冷凍しておけばリゾットにして食べれます。

美輪に行った際は是非ともガーリックライスをテイクアウトしてお試しあれ。

ガーリックライス以外にも、生もの以外はテイクアウトが可能です。

お店情報

  • 住所 東京都中野区東中野4-2-9
  • アクセス JR東中野駅西口から徒歩4分ほど
  • 電話番号 03-3364-1308
  • 定休日 日曜日・祝日
  • 営業時間 18:00~23:00
  • 平均予算 7,000円~
  • 決済方法 現金
  • 予約の可否 予約可能
  • 喫煙の可否 全席禁煙

東中野に住むなら

中野エリアに特化した不動産賃貸仲介業者『Room338』(ルームミサワ)にお任せ♪

Room338

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次